リシンプラスLP


ヘルペスは性病じゃない?

 

 

ヘルペスと聞いた時には性病だと思い込んでしまっている方も多いようです。
しかし、実はそうではありません。
ヘルペスとは特定の性病ではなく、感染症の1つなのです。

 

例えば、幼児期にかかる水疱瘡もヘルペスの一種になります。
つまり、誰もが一度は感染している非常に身近なウイルスだということです。

 

ヘルペスの中でも口唇ヘルペスであったり性器ヘルペス、水疱瘡といったものはよく知られていますよね。
性器ヘルペスが性病として認知されています。

 

実は大半の人がヘルペスウィルスを保有しています。
そしてストレス、風邪といったことが原因となってヘルペスを発症してしまうようになるのです。
ただし、これには個人差があるのですが、ウイルスを保有していても症状が一切出ないこともありますし、再発を繰り返してしまう人ももちろんいるのです。

 

また、単純疱疹と帯状疱疹というのは似ているのですが、一般的にヘルペスと認知されているものというのは単純疱疹の方です。
口の周りや顔面はもちろん、性器に発症することも多いです。
そして整髪しやすいというのも特徴の1つです。

 

1度感染をすると神経節に潜伏しており、普段から元気な時には発症することはありません。
ストレスや体調不良などによって免疫力が低下することで発症してしまうのです。

リシンプラス