リシンプラスLP


単純ヘルペスって?

 

 

単純ヘルペスというのは種類があります。
単純ヘルペスウイルス1型と2型とがあります。

 

単純ヘルペスウイルス1型というのは、三叉神経節に入り込んで、上半身を中心にしてヘルペスの再発を何度も繰り返すのです。
この単純ヘルペスウイルス1型というのは再発をする頻度自体はそこまで高くないのですが、再発時の痛みがかなり強くなります。

 

また、単純ヘルペスウイルス1型に現在感染している人は、2型にもすでに感染している、ということになります。
その一方で、先に2型に感染してしまった場合には、これから1型を感染してしまうことはありません。

 

単純ヘルペスウイルス1型と2型というのは、血液検査を行うだけでも簡単に見分けることができるといわれています。
単純ヘルペスウイルス1型が原因となって発症するものとしては、口唇ヘルペスが最もよく知られています。

 

そして単純ヘルペスウイルス2型というのは腰部分の仙骨神経節に入り込みます。
そして性器ヘルペスなどのような下半身に症状を引き起こすようになります。

 

性的な接触が原因となって感染をしている性感染症の1つで、性器に水ぶくれができるのが代表的な症状になります。
2型の場合には、症状があっても感染をしていると気づくことすらない、という場合もあります。
2型の痛みは軽度である場合もあるのですが、頻繁に再発をする割合が高いのです。

リシンプラス